檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

「ベルギー強すぎ9発圧勝、W杯出場に王手」の記事から思い出す

ご存知の方も多いと思いますが、9/1(私の誕生日(笑))の記事でこんな記事が

「ベルギー強すぎ9発圧勝、W杯出場に王手:831日欧州予選」

 

ベルギーと言えば、2015.11.10にあった記事を思い出してしまいました!

 

「5年前は68位…“赤い悪魔”ベルギーをFIFAランク1位に導いた育成論」

 

国内のビッグクラブが独自のカラーを掲げて育成に注力している一方で、ベルギーサッカー協会は指導者を養成して各クラブに派遣することで、選手育成をサポートした。その際に導入したのが、世界最高峰のタレントを育てるための

「長所徹底育成主義」だ。

 

 持って生まれた身体能力をとことん伸ばす。左利きには右足の能力を改善するよりも左足を磨くことを優先させる。天性の感覚を持つドリブラーやチャンスメイカーには自由を与える。世界最高峰のプレミアリーグで活躍するトップタレントたちが、この哲学によって育てられた。

 

 各クラブが育成に注力しながら、それをサッカー協会がバックアップする。それぞれの役割分担ができていたという意味では、理想的な育成改革と言えるのではないだろうか。

f:id:mhy4591:20170831210222j:plain

 

今、やってる事は間違いありませんね!!!

私は、そう感じます!!!