檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

改めて、良い選手の絶対条件

質問:どうして利き足だけで練習するんですか?

 

誰だって始めは利き足でボールを触ろう、持とうとしますが、技術がままならないうちは、相手のプレッシャーに負けて逆足側にボールは運ばれていきます。

 

これは世界各国共通していて、ボールを持てない選手とはそういうもので、インで切り返す、利き足のインから逆足側にボールが運ばれる、といった場面がかなりあります。

 

ボールを持てない選手は必ず逆足側にボールを持っていく癖があります。

 

そうなった場合、日本では始めから両足論ありきですから逆足で蹴れということになるのです。

 

そういう選手には、逆足を使わせたり、ダブルタッチをさせることの方がいいと考える人達の方が多いです。

 

それでは、

その選手は一生良いボールの持ち方にはなりません。

 

身体は開き、ボールの持ち方は悪く、ボールの置き所は絶対に安定しません。

 

良い選手の絶対条件として、利き足でしっかりボールを持てることです。

 

そういう選手は利き足から仕掛け、利き足側にボールを運べます。

そういったことが自然に出来ないといけません。

 

そのためには、大人が目先の結果にこだわらず、良いボールの持ち方をしているか、良いボールの持ち方になるための正しいプロセスを歩んでいるかが見極められなければなりません。

f:id:mhy4591:20170731003743j:plain