檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

檜垣コーチ 神戸アカデミーでのプロ指導

檜垣コーチが仰られる「サッカーは現場でしか伝えられないことがほとんどだからね。」

この言葉は、ホントその通りです。

 

いつも、神戸に来ていただいた時、今の選手の状況(レベル、リフティング回数)

等話をさして頂き、コートにて選手達を見て頂きます。

コートの中でも、選手の事やアカデミーに来てどれ位の選手などなど、いろいろ話をコンパクトに話をしていき、そして確認して頂きます。

(檜垣コーチは、話する前にどの位のレベルの選手なのかは、ボールワンタッチするだけ立ち姿だけでだいたい分かられてる感じに思えます)

 

トレーニングの流れ的には

いつも、軽くウォーミングアップ時に選手達を一通り見て行きます。

そこで、気になった選手等は必ず質問が来ます。(入会時期とか、学年などなど)

ドリブル、リフティング、トラップ&キックの練習時もそうです。

 

例えば

インサイドパスでボールを受ける時には軸足より前でボールを受けると話をされます(ある一定の技術力が無いと足は前には出ません。)

その時も、その技術習得する為のメニュー構成となって行きます。

(技術習得出来るレベルにあるかも確認されます)

もちろん、その日の参加選手(参加選手のレベル)を見ながらトレーニングを変えていきます。

トレーニング終了前には選手達と目標を約束して終了となります。

 

この流れも、私自身が感じた事であり、もっと深い私には感じる事の出来ない事や考え等が多々あるかと思います。

檜垣コーチを新神戸駅にお見送りする時も、いろいろな課題等を頂きます。

 

素人(私)には分からない事、勉強になる事ばかりです。

檜垣コーチの指導の指導中、どこを見てるかを見てても勉強になります。

(私には分からないレベルだと思いますが(笑))