読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

アカデミースタイル

~檜垣コーチのブログより~

このメッシが日本で生まれてたら…

それでもメッシの才能は揺るがないものでしょうが、

その能力を最大限に伸ばすことが出来たかは疑問です。

 才能ある子ほど悪いものも取り入れてしまいますからね。

 

 このメッシのリフティングは両足でやらされても、サッカー感覚は天才ですから日本で生まれ育っても抜群の力を発揮するでしょう。

 でも、持ってる能力を最大限に伸ばすことは出来なかったと思います。

(能力を最大限に伸ばせなくても抜群の才能で世界のトッププレーヤーにはなってたでしょう)

 

  例えば、メッシは抜群の才能があるからいいですが、

僕のようにサッカーを始めたのが17歳で、まともな基礎もない高校生が、この日本の環境でサッカーを続けていたらプロサッカー選手なんて無理だったと思います。

 ブラジルに行かなければ、このメッシのようなリフティングトレーニングはやらなかったです。

 

 ブラジルに行った当時は日本の考え方でずっと両足で練習してましたし、途中で「利き足のポイント」を見つけてから、メッシのこの動画の利き足のリフティングから始めましたから。

 

 だからと、海外に行けば上手くなることとは違います。

 

 日本人は日本で生まれ育ってますから、強豪国で生まれ育った選手とはあきらかに違います。

 

 それは、強豪国で生まれ育っていれば、良い感覚、良い技術が自然に身につくことも、日本で生まれ育てば、

必ずいろんな間違った知識が入ってきますから

 

 だからこそ、考え方次第です。

 日本で生まれ育っても、正しい指導、正しいトレーニングを行えば、必ず能力を最大限に伸ばすことは可能です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私も何だかんだで約10年以上、パパさんコーチよ呼ばれるところから子供達を見てきましたが、あの時に、檜垣コーチに教えて頂いてる事を知っていれば...もっと子供達を上手くしてあげれたな~と強く思います。

 

アカデミーでも、器用な選手は多々居ます。

その選手は、特に要注意です!!

後、ダブルスクール、トリプルスクールに行ってる選手も要注意です。

いろんなスクールで、いろいろ教え込まれグチャグチャのサッカーになってしまっています。

一度覚えた事を忘れる事は、なかなか出来ません。

グチャグチャなサッカーが身に付くと、矯正が困難となっていきます。

 

体験に来る選手達も、

サッカーで大切な

ボールの置き場、ボールを止める。ボールを運ぶと言う事を教えて貰ってない選手の多さにビックリしてしまいます。

 

そこを練習しないで上達なんてありえません。

基礎がない、技術がないのに応用なんで出来る訳がありません。

基礎を出来る様になるまで、やり切るのが

アカデミースタイルです!