檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

なぜ、利き足でリフティングするのか…?

利き足だけでリフティングしている光景をアカデミーに入りたての方や外で覗いている方々は、日本のサッカー環境に慣れてると、違和感を感じると思います。

 

メッシを始め、世界のトッププレイヤー達は、必ずボールを利き足に置いて、利き足でボールを持ち、利き足で仕掛けます。

 

これって、一番自然で、一番重要なことなのです。

この目に見える彼らのプレーから、なぜそのような技術にたどり着いたのかを、彼らの幼少からのプロセスを分析すると、ボールを触る時、必ず利き足で触り、利き足でボールを蹴り、利き足でドリブルするという、ごくごく自然なことから始まっているのです。

 

メッシが、10歳時のリフティング映像を観て本当に正しい事は何なのか?

学ぶべきは世界のトッププレーヤーからです。

 

檜垣コーチからのコメントをいただきました。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

blog.livedoor.jp