読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

プロに指導してもらうという事

ハンマー投げ室伏広治選手の父、

室伏重信さんが育成について語る。

 

「技術性の高い種目ほど、はじめは動きをよく知った指導者に習うべきである

 

ゴルフやテニス、その他多くのスポーツもそうであるが、初めに基本的な動作をよく理解している指導者に習うことである。

効率の悪い動きをはじめに覚えてしまうと、それを直すのに多くの期間を費やすことになる。」

 

日本の場合、子供達を含め、大人もサッカーを正しく理解している人が少ないです。

日本ではしっかりと指導して、ボールを奪われない、仕掛けられる、ボールを持てる感覚と技術を覚えていかなければいけないのです。

 

だからこそ、利き足の正しい使い方、正しい技術を覚えるためにも、早い段階から利き足中心でボールを触ることが必要なのです。