読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

ディフェンスの勘違い、正しいディフェンス

相変わらずどこででも、「体で行け」という間違ったディフェンスを教えられている。

 

そんな言葉だけを聞いた子供達は、とにかく体でぶつかりに行くだけで、最終的に相手からボールを奪うための基本をわからずにディフェンスを覚えることになる。

 

一対一のディフェンスで一番大事なことは「抜かれないこと」

 

抜かれないために、体でぶつかりに行くのは、ファールするということだから。

 

抜かれないためには、相手に対してしっかりついていくこと。

 

「体で行く」ことが先ず頭にあれば、下手な相手には通用するかもしれないけど、上手い選手には絶対に通用しない。

 

体で行くことを先に覚えれば、相手の距離感を正確に捕えることが出来ない。

 

「体で行く」行為は、上手い選手には、簡単に抜かれるか、相手にファールをしてケガをさせるか、逆に自分がケガをすることになる。

 

たしかに、ショルダーチャージはファールではない。でも、正確に相手のショルダーに当てることが出来るのなら、その前にボールを奪うことが出来る。

 

抜かれないために、ついていく、足にボールがあるのだから、ボールをしっかり見て、重心を低くして、ついていく中でボールを奪うチャンスを考える。

 

、相手の足からボールが離れた時にうまく体を使って、相手とボールの間に体を入れる、体を寄せるというテクニックも、基本をわかっているからこそ。

 

基本中の基本の指導をしないで、「体で行く」という表明的なことだけ伝えるのは大きな間違い。

 

自分達の狭い価値観で、とりあえず、下手同士では、体で行けば相手からボールを取れるし、チームの勝ちになればいいというような考えは、まともな指導者じゃない。

 

間違った指導は数多くの選手を潰し、数多くのケガを誘発させる。