檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

檜垣コーチ現場指導の本質

檜垣コーチのブログより


止めた時に、ボールが本当に自分のものになっていないと、ボールの持ち方の中で、間や溜め、タイミングを保つことは出来ません。


そこをわかっていないと、ただの止め蹴るだけで、そこに対してのステップの意味、身体の開き、ボールを本当に自分のものに出来ているかの感覚がわかりません。


なんのための止めて蹴るなのか

指導者が選手をチームの駒と考えていれば、本質は絶対にわかりません。

選手自身も、ただの止めて蹴るだけであれば、サッカーに繋がる技術にはなりません。


ボール感覚というのは、ただのリフティング、ただのドリブル、ただの止めて蹴るではありません。


止めるということは、ボールを受ける前の感覚をも見ていかなければいけないですし、止めてからのボールと身体の関係をも見なければいけません。


それは、その選手自身、選手として成功するための感覚を伸ばすためにです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どうややって選手達を上手くするか、成長させるかを考えていかないといけません。
その為には、プロの指導者の力が間違いなく必要だと思います。
選手達を成長させる為の環境をどう作って行くか考えて、やり切る!
それだけです。