檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

プロスポーツ選手も実践!最強にほどけにくい「靴ヒモ」の結び方

リフティングを見てると良くヒモを結び直してる選手を見ます。

簡単な結び方なので、要チェックです。

 

イアン結びのやり方(図解)

STEP1:ヒモを1回結ぶ

まずは蝶々結びと同様に1回ヒモを結びます。

STEP2:左右に輪っかを作る

左側に来たヒモを、先っぽ側が手前に来るように輪っかを作ります。

右側のヒモは、先っぽ側が奥に来るように輪っかを作ります。

輪っかを作る際は、人差し指と親指がそれぞれヒモの支点になるように輪っかを作るとやりやすいですよ。

左手側は人差し指が結び目に近く、右手側では親指が結び目に近くなるように持つと良いです。

STEP3:左右の輪っかのヒモを逆側の輪っかへ通す

右側の輪っかの奥側を左の輪っかの中へ差し込みます。

左側の輪っかの手前側を右の輪っかの中へ差し込みます。

どの指でこの作業を行っても構いませんので、慣れるまではゆっくり行いましょう。

STEP4:差し込んだヒモを外側へ引っ張る

それぞれの輪っかに差し込んだ部分を持って、それぞれ外に向けて引っ張ります。

STEP5:そのまま引っ張る

そのまま、きつく結べるまで引っ張ります。

STEP6:完了!

ぎゅっと最後まで結べたら完了です。見た目は一般的な蝶々結びとほぼ変わりませんが、結び目の力が非常に強くなっていてほどけにくくなっています。

ほどき方は蝶々結びと同様、左右に出ているヒモの先っぽ側を引くだけです。自分で行う際はとてもほどきやすいのです!