読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

正しい考え方

~檜垣コーチブログより~

右足
image

左足
image

右足
image

左足
image

正しい利き足の使い方が出来れば、逆足も使うことは出来ます。

ほとんどの人は両足をただ使っていることに気付かずに両足を使えてると勘違いしています。

ボールは丸いですからそのボールにつられて、ボールが右にあったら右足、左にあったら左足とただボールを触り、ただ蹴って、それで両足を使えてると思っています。

それはボールをコントロールしているのではなく、ボールにコントロールされてるだけです。

両足を使えるというのは正しい利き足の使い方が出来るから両足を使えるのです。

基本中の基本の利き足が正しく使えなくて両足を使えてるなんてあり得ません。

もし、正しく両足を使えてるなら、ワンタッチで利き足にボールを置く、利き足でボールを持てる、利き足で仕掛けるということが出来る筈ですが、両足を使えてると勘違いしている人は出来ないです。

両足が大事ではなく「正しい利き足の使い方」こそが最も重要な技術です。

一流選手ほど「利き足」が中心なのは絶対ですから。

いつ逆足を使う練習をしたらいいかなんてそれが間違った考え方で、正しい利き足の技術を身につけることを徹底するしかありません。

「ワンタッチで利き足にボールを置く、利き足でボールを持てる、利き足で仕掛け利き足側にボールを持って行ける」これが一番重要な技術であり、それって簡単な技術ではありません。

これが出来なくて、両足という表面のプレーに逃げたら、絶対に一流にはなりません。


※ちなみに僕は左足の練習はしていません。
前回のブログの元ブラジル代表のゼロベルトも利き足の左足ばかりで自ら右足の練習などしていませんでしたよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

神戸で行っているレッスン会

少しずつ、内容が変わってきました。

どんどん濃い内容になりつつあります。

それに伴い、求めるものも高くなります。

今のままでは、ダメです。