読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

リフティングというトレーニング

リフティングというトレーニングは、ボールコントロールにミスがあれば、ボールは地面に落ちる。

誰にでも分かるミス。

「ボールを地面に落とさない」という中で「ボールを自分のものにする」感覚を養っていくが、それを経験していく過程で、繊細な体の使い方や、そこから繋がるボール感覚、そして自分自身と向き合い乗り越える精神的な強さを学んでいく。

トレーニング方法なんて想像力次第でアレンジは無限にできるけれど、できていない事から逃げて表面的に様々なトレーニングメニューをこなしても、

 

結局本質的な部分の改善にはならない。

真新しく、斬新なトレーニングをたくさんこなす事で上手くなれると勘違いしてしまう人は非常に多く、それは日本という国にサッカーというスポーツが深く根付いていないからなのか?

日本人特有の人間性なのか?

とは言っても、日本人にも世界のトップレベルで活躍する他スポーツのアスリート達は存在するわけで、基礎を身に付ける為の成長プロセスは変わらないはずだ。

本物の基礎技術を身に付ける為には、目の前にあるボールをコントロールできていないミスに対して向き合わなければいけないし、その現実から逃げて別のトレーニングをどれだけしても「ボールを自分のものにする感覚」という本質に近づく事はできない。

できていない事、自分自身と正面からまっすぐ向き合い、できるまで徹底的にトレーニングを続けて限界を超える。