檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

将来に向かって!

~共感ブログより~

技術を上げる意味とは?

「 ボールを自分のものにする感覚 」を上げるという事。

その技術に違和感や不自然な感覚があるうちは、
プレーをしても同じミスを何度も繰り返してしまう。

1回のボールタッチ、ボール感覚から
常に次のステップの成長へ繋がる何かを感じ取れるようになるまで、
しっかりと正しい意識を持ちボールに触り続けられるかどうか。

間違った意識の中で必死になって
トレーニングを積み重ねても成長はできない。

何を「 感じ、考え、意識し」トレーニングをするのか?

成長し続けられる選手になるため

ボールを自分のものにする技術と感覚をつかむため

その意味と感覚を少しでも感じ取れる選手なら
雑でアバウトな両足論が全く無意味な事であり、
利き足の感覚がどれだけ大切なのか気付けるはず。

「 ボールを自分のものにするため 」には、
そんな感覚ですらあたりまえに持っていなくてはいけない。

そして世界では、ボールを自分のものにする技術と感覚を身に付けてからが、
本当の自分のサッカーのスタートだという事を全て選手達は知っている。

ボールを持てる選手になるためには、
ボールを自分のものにする感覚を持っていなくてはいけない。

その感覚を持っていないのであれば、
なにがなんでも絶対に身に付けなくてはいけない。

 

広告を非表示にする