檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

逆足シュート練習は、必要か?

~共感ブログより~

 

「先日息子が無料体験に参加させていただきました。
ご指導の内容は納得の行くものばかりでした。
ひとつ質問させていただきたいのですが、軸の確立の為に小さい頃は徹底して利き足を積極的に使う事は理解できましたが、逆足での何かしらの練習は今後の成長の過程で取り入れるべきでしょうか?ドリブルはさておき、シュートなどはは逆足でも必要ではないか?
と思うのですが、実際はどうなんでしょうか?」



サッカー選手として一番の基本であり、一番重要な技術の「ボールを持てる技術」を身に付けるために、利き足のポイントの技術を習得することが一番重要と考えて、正しい利き足の使い方、正しいボールの持ち方の指導、トレーニングを行なっています。

その中で、利き足だけと疑問を持たれる方もいますが、世界のトッププレイヤー達の技術を正しく見ることが出来れば必ず納得出来るはずです。

ですが、ご質問のように蹴ることを含めて、いつかは逆足をトレーニングしなきゃいけないという捉え方をされている方は多いです。

重要なこと、本当にボールを持てる基礎を身に付けることです。

蹴る行為は、結果を意味します。

基礎がない選手達にとっては、側から見れば、そこは逆足で蹴った方が結果が出やすく感じる場面は多々あります。

それは、ボールを持てる技術習得ではなく、その場の結果がほしいだけで、将来的な基礎を身に付けてさらなる成長には繋がりません。

(ほとんど人はその基礎を知らないから、目先の結果を求めるんです)

僕がプロになった頃、同期に後にブラジル代表としてW杯でも活躍したゼロベルトがいました。

左利きの彼の左足は既にワールドクラスでしたが右足の技術は全くなかったです。

ですが、左足でボールを持てば取られませんし、その左足の技術は本当に素晴らしいものでした。

そんな彼の右足ですが、左足と比較すれば低いものであっても、蹴ることは出来ました。

それは手と同じで、利き手で字を書く技術を左脳がインプットしていますから、逆の手で字を書く行為も下手でも書けるのと同じです。

両足をただ使っている行為はそのまま脳にインプットされますから、絶対に利き足のポイントの技術は身に付きません。

先日、スクール生の子が友達から利き足ばっかりで逆足出来ないんだろって言われて、逆足を使ったところ普通に出来たそうです(笑)

世界のトッププレイヤー達のように本物の利き足があれば、何も心配ないんです。

ただ、それを身に付けるためには正しいトレーニングをしっかりやらなければ絶対にダメなんです。

世界基準でトレーニングしていくから、本人の能力を最大限に伸ばし、最高到達点に繋がります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ホントに、逆足の練習は必要ないと感じます。

利き足より逆足が上手くなる事は感覚的にも無いと思います。

もし、利き足より逆足が上手くなれば「ひょっとして逆足が利き足(笑)」かも?

ですね。

自分の生まれ持った感覚をトコトン磨く事により成果は表れます。

トコトン、生まれ持った感覚を磨きましょう!!!!!!!は