檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

まずは、技術から。

 大差で負けた子どもたちに、試合後「走り負けした」と話す人もいますが、実のところは完全に技術の差によるものではないでしょうか。

プレッシャーをかけようと懸命に相手を追いかけても、その子たちの技術が高ければ簡単にはボールは奪えません。追いかけてもかわされ続けていれば、体力も気力も消耗してしまいます。

 また、相手にイーブンボールを相手に先にさわられてしまうのは、走り負けているだけではありません。まわりをよく見ていなかったり「ここを狙ってくるかも」と予見して先に動く、といったことが習慣づけられていない気がします。

 それなのに、「もっと走れ」と煽ったり、スキルの部分を解消するための練習をせずに「走り負けだ」と言って子どもたちにダッシュやマラソンをさせても、意味はありません。それどころか、単調な体力トレーニングばかりでは、サッカーを嫌いにさせてしまいます。
 
 ただし、ジュニアやジュニアユース(中学生)では、動き続ける癖をつけることは重要です。

例えば、相手が右足で保持したボールをめがけて取りに行ったけれど、左に外される(かわされる)といった場面はよくあること。ところが、そんなふうに相手に逆を取られたときに、再び追いかける子は非常に少ない。自分をかわした相手がそのまま長い距離でドリブルを始めると、さらに高い確率で追いかけません。
 
 ここをトレーニングで変えなければなりません。左右にかわされてもついていくのは当たり前の習慣を体に沁み込ませるのです。ふられても、体が条件反射的に勝手に動くようにします。そういったことを続ければ、走れるようになります。
 
 いずれにしても、目の前の現象を走力や体力の問題にしないように。ジュニア期は特にです。課題を技術、もしくは頭(脳)の問題としてとらえて、それを修正するトレーニングを考えてください。