檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

「ボールを止める」

中村憲剛選手より

 

サッカーで一番大事な“技術”は何だと思いますか?」

たぶん、人それぞれで答えは違ってくるんじゃないかと思います。

 

 1対1でディフェンスを抜き去る必殺フェイント。

 

 大きい相手に当たり負けしないボディコンタクト。

 

ゴールネットを揺らすための強烈なシュート力。

 

どれも間違いではありません。でも、僕の答えは違います。

 

僕がサッカーで一番大事な技術だと思っているのは……。

 

「ボールを止めること」です。

 

 

「何だ、そんなことか」と思った人もいるかもしれません。

確かに、ボールを止めるというプレーはサッカーの基本中の基本です。

 

でも、子供たちのプレーを見ていると、この基本中の基本を大事にしている人が意外に少ないなと感じます。

 

ボールを止めることは、サッカーの基本中の基本であり、

あらゆるプレーにつながる究極の技術だと僕は思っています。

 

 

例えば、フェイントで相手を抜き去るにしても、まずはボールを良い位置にコントロールできなければ、

自分の間合いで仕掛けていくことができません。

 

ボールの止め方によっては、無用なボディコンタクトをしなくてもプレーできる。

 

どんなにシュート力があっても、ボールを止める技術がない選手は、

そもそも良い状態でシュートを打てる状況を作れない。

 

 

算数で足し算や引き算ができなければ、難しい方程式が解けないのと同じようなことです。

ボールを止めることにこだわり始めたのは、僕自身の経験と関係しています。

 

今のプレースタイルからは想像できないかもしれないけど、

小学生のときの僕はドリブラーでした。

 

全国大会にも出場して、地元ではそれなりに有名な選手だったんです。

 

 

だけど、中学校に上がると身長が伸びなくて、自分のプレーが通用しなくなってきました。

 

当時、136センチで、身体も細かった僕は、

ボールを受けても自分より大きい相手に弾き飛ばされてしまったんです。

 

足も遅かったから、スピードで抜くこともできなかった。

 

一時期はサッカーを辞めようと思うぐらい落ち込んだけど、

どうすればいいのか必死に考えました。

 

身体が突然大きくなるわけでもないし、足だっていきなり速くなることはない。

そこで行き着いたのが「ボールをしっかり止めること」だったんです。

 

ボールをしっかり止めれば、相手に寄せられないし、寄せられたとしても逃げられる。

 

それは「中村憲剛」という選手がサッカーをしていくうえでの生命線だったし、

そのことがだんだん自分の武器になっていきました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今の練習がトラップへと繋がります!!

頑張りましょう!!!!!!!!!