檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

必ず良くなる。

~共感ブログより~

 

+17歳からサッカーを始めてなぜブラジル1部リーグのプロサッカー選手になれたのか…

高校時代は一年生のときはゴールキーパーをしていて、フィールドプレイヤーは実質二年間だけ。

ブラジルに行くまではリフティングもろくに出来ないくらい技術はなかったです。

そんな人間がブラジルに行って通用するわけがありませんよね。

ではなぜプロになれたのか、プロになれる技術を身につけられたのか…



誰よりもサッカーを遅く始めた自分にとって、一つ一つのボールタッチは常に上手くなるためのものであり、サッカーを始めてから今までワンタッチも無駄にしたとは思っていません。

あのときのボールタッチ、ボール感覚、どこでどう触ったのか、どんな感覚だったのか、たくさんの感覚が頭に、身体に残っています。

それは良いものも悪いものも決して無駄にせず、感覚を大切にし、とことん考え、意識を持ち、目的を明確にして必死に練習してきたからです。

そうしたからとすべてがうまくいくわけではありません。

むしろ、失敗の方が多いです。

失敗も成功もすべてから必ず学べるはずです。

それはワンタッチワンタッチを大切し、ワンタッチから感じ考え無駄にしないからです。

日本で学んだサッカーですから、ブラジルに行ってから「利き足のポイント」なんて考えもしなかったです。

ブラジルに行っても常に両足、両足、利き足と同じことを逆足でも練習していましたから。

間違ったやり方をしていましたが、そのときもワンタッチワンタッチはいつも意識していました。

ブラジルに渡り、二年目の途中から何かが違うと感じ始めてきました。

どんなブラジル人選手も利き足にボールを持ち、利き足にボールを置いて、利き足から仕掛けていることに気付き、これだと思いました。

それからは必死にブラジル人選手、世界のトッププレイヤー達一人一人を見て学び、練習に取り組みました。

でも、一度染み込んだ悪い癖は簡単には直りません。

何度も中途半端な両足サッカーに逃げようとしました。

それでもやっぱり真実は一つ、ブラジル人選手、世界のトッププレイヤー達が証明している「利き足のポイント」の技術を身につけることが最低限のことでしたから。

必死に練習し、感覚的にこの技術は自分のものと感じたとき、プロになれると思いました。


誰でも無意識に何気なくボールを触ることがあるでしょう。

それをなくすだけで技術は変わります。

例えば「利き足でボールを扱う」これだけで意識を持つことですから今までとは違います。

そして、変われたらさらに変わろう、上手くなろうと本気で思ってやることです。

利き足だけが「利き足のポイント」の技術ではありませんから。

満足しないことです。

意識を持てば必ず変わります。その意識の中身でさらに変わります。


僕は今でもボールを適当には触りません。

ボールを触るとき、常に意識します。

だから、ワンタッチも無駄にしません。

指導のときには、一人一人、ワンタッチも無駄にさせません。


常に、上手くなるために。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

指導者が変われば、教え子も変わります!

3月がまた楽しみです。

広告を非表示にする