檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

自分に出来ない事に想像力を働かせる

~共感ブログより~

自分に出来ない事に想像力を働かせる。

世界のトップ選手達のプレーから
彼等の様にプレーする事をイメージをするのは最高のモチベーションになる。

「 こんな感覚でサッカーが出来たらどれだけ楽しいだろう 」

彼等の様にプレーするにはどうしたら良いのか?

その為に、「見て」「感じて」「考える」。

そして、彼等に近づく為に必死になってトレーニングする。

一見あたりまえの事に感じるかもしれない。

しかし、日本の育成年代の選手達で
自分の意志で自然と世界のサッカーに興味を持ち、
それを見ている選手は驚くほど少ない。

何故だろう?

「日本人がサッカーは世界で通用しない」

「だから自分にも出来ない」

先入観? 国民性? 教育?

それともサッカー自体にそれほど興味が無いから?

もし、バルセロナFC で " メッシ " や " ネイマール " 達と
同じレベルで活躍する日本人が居たら、そこに興味を持つ選手達も多いだろうか?

狭い日本の育成環境で 間違った指導者達から
間違ったサッカー感を正しいと勘違いさせられ

「上手くなれない」「成長できない」と苦しんでいる選手は多い。

" 利き足の意味 "

" 技術の重要性 "

" 正しいボールの持ち方 "

「日本のサッカーを基準に考えたら」理解されない事もあるだろう。

しかし世界のサッカーに興味を持ち
世界のサッカーから謙虚に学べる感性があれば理解するのは難しくない。

「 日本人だから 」

という、出来なかった人達が作り出すネガティブな固定観念は、
成長したいと思っている選手にとってはマイナスでしかない。

サッカーはワールドスポーツ。

サッカーに国や人種は関係無い。

世界のサッカーを見て

世界のサッカーをイメージしてほしい。