檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

わかっていても止められないドリブル。

~共感ブログより~

 

利き足のポイントがあるから、間やタイミング、緩急、駆け引きへと繋がるのです。

 

ガンバ大阪の宇佐美選手がバイエルン時代、右サイドから左利きのロッベンが中に切れ込むことはわかっていても止められないと言っていました。

 

左足にボールを置いて左足から仕掛けて、左に行くことはわかっているのになぜ止められないのか?

 

それこそが利き足のポイントであり、利き足にボールを置ける、利き足でボールを持って取られない技術があるからこそ、相手との間合い、タイミング、緩急、駆け引きに繋がり、ディフェンスからすると一番嫌な相手となります。

 

利き足のポイントがあるから、相手が飛び込んでくれば、前後左右、空間も含めてどちらにも行けるのです。

 

向かい合ったディフェンスにしてみれば、左足から左に行くとわかっていても、完璧に左足にボールを置かれて、完璧に左足でボールを持たれたら飛び込むことが出来ないのです。

 

この技術は、全ての一流選手に共通しています。

 

要するに、利き足のポイントの技術があれば、状況に応じて、抜いて加速するスピードがあればドリブルに活かせばいいし、抜いて加速するスピードがなくても、そこからパスもゲームも組み立てることが出来るのです。