檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

最初に身に付けるべき事

~共感ブログより~


「ボールを持てる技術と感覚を身に付ける」

この基礎が無ければ必ずサッカー選手としての成長に限界が来て行き詰まる。

レベルが低い中でプレーをしていれば、

「少し技術があったり」「運動神経が良かったり」選手を操る事が好きな監督の言った事を忠実に実行出来る「頭の良さがあれば」その場はそれなりにプレーできるかもしれない。

しかし、そういった選手は周りのレベルが上がった時に何も出来ない自分に初めて気付く。
ほとんどの場合、気付いた時にはもう後戻りが出来ない年齢になっているか、
気付かないまま「自分にはもともと才能が無かった」とサッカーを諦めていく。

残念ながら日本には「ボールを持つ」という感覚を持った選手がほとんど居ない。

それは選手自身に問題が有るのではなく育成年代の環境作りが間違っているから。

世界中の選手達が自然に身に付けていく技術と感覚。

こんな日本のような環境に居る選手達でも
考え方やトレーニング次第では必ずボールを持てる選手になれる。

そこまでのプロセスは繊細で簡単ではないけど、
自分自身どんな選手でも必ずボールを持てる選手に成長させる事は可能だと思っている。

ボールを持てる技術と感覚を身に付けて
サッカーを続けていければ選手としての未来は全く違ったものになる。

本気でサッカーが上手くなりたいのであれば、
まずどんな状況でもボールを持てる選手にならなくてはいけない。