檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

感覚を上げて行く為に(ボール)

~共感ブログより~

 

スクールに来る選手達のボールのあまりの「硬さ」に驚く事が多い。

選手達に「なんでこんなにボールを硬くしているの?」と聞くと

「いつもチームのコーチに空気を入れる。」

「ボールを硬くしていないと怒られる。」

と、ほとんどの選手達が答える。

まず、そんなにボールを硬くする意味が自分には全くもって理解に苦しむが、
それを平気でしている人間には「ボール感覚が全くないのでは?」としか思えない。

実際には「ボールの硬さくらいで?」と思っている人間も多いかもしれないが、
ボールに触った時に、硬いのか、柔らかいのか、丁度良いのか?

その感覚が「分からない」という時点でボール感覚を向上させる事なんて無理。

「ボール感覚を上げる」のと「技術の質を上げる」というのは同じ事で、
その為には、ボールに触った時の感覚に繊細になる必要があるという事。

ボールに触る感覚が「鈍い」という事は、技術に対する感覚も「鈍い」という事になる。

特に育成年代の まだ技術が未熟なうちほど、
適正な空気圧よりも少し柔らかめのボールでトレーニングをした方が良い。

それは「足のどの部分でボールに触る事で、ボールがどうコントロールされていくのか?」
というボールタッチの感覚を 感じやすく 覚えやすくする為でもあるから。

「硬いボールじゃないとサッカーが上手くならない」

こんな何の根拠も裏付けも無い事を信じていては上手くなれる時間を無駄にする事になる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

うちのクラブでも空気を抜いてます。

空気を抜いてリフティングをさせると、必ずメンバー達は

「やりやすい!!」との声が聞こえる様になります♪

そうすると、子供達もヤル気UPします♪

ぜひぜひお試しください♪