檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

ボールを持つ、ボールを取られない

~共感グログより~

 

なにげなく両足でボールを触る、両足の間にボールを置く…これ、一番簡単です。

 

簡単なことは、成功には繋がりません。

 

自然に利き足でボールを持てて、利き足にボールを置けるようになるには、意識してトレーニングするしかありません。

 

無意識に両足でボールを触ることは、誰でも出来ることで、上手くなることではありません。

 

日本では、ほとんどの人達が無意識に両足でボールを触っています。

 

本当に上手くなるには、些細なことを見逃さず、こだわらなければなりません

 

 サッカーで一番重要なことは「ボールを持てる、ボールを取られない」ということです。

 

ドリブルで何人も抜きたいたいという欲求でサッカーはやるものではありません。

 

ドリブルで相手を抜く前に、本当にボールを持てる、ボールを取られない技術を身につけているかが最も重要です。

 

ブラジルのカカは、ボールを持てて、取られないからこそ、試合の流れの中でドリブルが活かされることがあります。

 

また、スペインのシャビはボールを失わない抜群の技術があるからこそ、その精度の高いパスに繋がっています。

 

ドリブルで抜くというのは、そこに相手がいるからで、その相手のレベルによってはどうにでもなるわけです。

 

抜いた抜けないと言う前に、ボールを持てる技術、ボールを取られない技術の意味をしっかり理解する必要があります。

 

相手によって変わるような技術ならそれは技術ではありません。

 

ドリブルで相手を抜きたいと言う前に、どんなボールも正確にトラップ出来て、ボールを見なくても自由にボールを扱えて、ボールと身体が一体となった技術が一番必要です。

 

本当に重要な部分を見失っていると、サッカーは上手くはなりません。

 

 世界のトッププレイヤー達はボールの持ち方がとてもきれいです。

 

それは、利き足で自然にボールを持っているからです

 

ボールの持ち方を良くするためには、例えば、敵を抜こうとする時に、利き足の小指で利き足側に抜いて行くことを意識する必要があります。

 

なにげなくインで切り返す選手はかなり多いです。

 

それが一番簡単で、利き足のインで切り返し、ダブルタッチでごまかしてるうちは本当に良いボールの持ち方にはなりません。

 

利き足でボールを持って利き足側に抜く感覚と技術がボールの持ち方の良さに繋がります。

 

普段から自分がどのようにしてボールを持っているかを常に意識する必要があります。

 

 トラップもドリブルも、一つ一つのボールタッチの後の次のボールの置き場所が重要です。

 

そのボールの置き場所のために、正確なボールタッチとステップが必要なのです。

 

なんとなくボールを触っているとボールの置き場所の重要性を見失ってしまいます。

 

ボールの置き場所のためのボールタッチとステップを絶対に忘れないでください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~