檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

ボールコントロールと身体の使い方

~共感ブログより~

 

ボールコントロールと身体の使い方は繋がっている。

例えば「ターン」をする時。

インでターンをする選手は、
ターンした後のボールの位置が足と足の間に来る事が多く身体が開く。

逆にアウトでターン出来る選手は、
ターンした後のボールの位置が利き足から離れず身体も開きずらくなる。

ただ「何も考えずに」やっていては結局アウトのターンをしても何も変わらないが、
ボールタッチ、ステップ、利き足、軸足の位置、身体の使い方、
全てをしっかりと意識する事が出来ればボールの持ち方は良くなっていく。

こういったアウトのターンが自然と出来るようになっていかなければ、
相手と向き合った際に利き足の方へボールを持っていく事が出来ない。

利き足の方へと自然とボールを持てる感覚を身に付けた選手は、
相手との距離感、間合いなどを少しずつ考えられるようになり、
自分のタイミングでボールをキープ出来るようなっていく。

両足を雑に使い、足からボールが離れ、身体が開いている選手達は、
みんな「インで切り返す」ターンをしている。

日本のサッカーや育成年代の現場での指導を目の当たりにしていると、
「ボールの持ち方を良くする事」になんて誰も気付いていないように感じる。

基礎技術の質を上げ、ボールの持ち方が良くなる事で選手には大きな変化が現れるが、
ここまできて初めてサッカーを知らない人達は「上手くなった」と感じるようだ。

そうした成長する為のプロセスに鈍感で気付く事が出来ない指導者に良い選手は絶対に育てられる訳がない。