檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

ボールが持てる様になる為に!!「利き足のポイント」

今回のW杯ブラジル大会で個々の優れた選手の「利き足のポイント」について見た時、どのような観点でそれを見るのかについて説明させて頂きます。

 

単純に、利き足だけでプレーしていれば利き足のポイントではなく、また、逆足を使ったから利き足のポイントではないというのも違います。

 

優れた選手の共通点として、利き足の技術がブレないということがあります。

 

それは、どこでトラップしても必ずファーストタッチの後に正確に利き足にボールを置けて、正確な利き足のボールコントロールと正確な利き足のボールタッチ

があり、利き足の指の前のボールの置き所のブレが非常に少ないです。

 

ブラジル対メキシコの試合を見ていても、「ネイマールの利き足」は別格でした。

 

ネイマールは逆足の使い方も非常に上手いですが、技術の軸は「利き足のポイント」にあります。

 

利き足の指の前にボールを置いて、利き足でボールを持って、簡単にボールを取られません。

さらに、仕掛けられる質や精度の高い利き足の技術があります。

 

個々の選手を見ているとボールの置き所のブレ、ボールの持ち方のブレで逆足を使っている場面があります。

ボールを取られてるシーン、ミスなどは、利き足のポイントという観点で見ると、技術のブレはあきらかです。

 

逆足を使った、使ってないということではなく、個々の「利き足の技術」を中心に、その利き足のボールの置き所、ボールの持ち方、利き足のボールコントロール、ボールタッチを見て、さらにその質や精度を見ていくと本当に優れた技術の持ち主かどうかがわかってきます。

~共感グログより~