檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

ターン

~共感ブログより~

 

「アウト」「イン」客観的に見て、

 自分はどっちを使ってターンする事が多いか考えた事があるだろうか?

 

特にまだボールの持ち方が出来ていない年代では重要な事。

 

その割合で自分がどんなボールの持ち方をしているのか分かるが、

殆どの選手は「イン」でターンする事が多い。

 

技術的な感覚で言うと「イン」でボールを切り返した方が簡単。

 

ただ、その「イン」の切替えしをした後の「ボールの位置」や「体の重心」を含め、バランスが崩れた時に相手にボールを奪われやすくなる。

 

そして、これを続けていると無意識に足と足の間にボールがきやすくなり、

 

体が開き、ボールの持ち方が一気に悪くなっていくが選手自身は全く気付かない。

 

逆に「アウト」のターンは技術的に難しい。

 

綺麗なアウトのターンをする為には、常にボールを利き足の指の前に置かないとないとできないし、「アウトでターンをしよう」という事を選手自身が頭で考える必要がある。

 

頭(脳)の使い方が根本的に「イン」のターンとは異なっている。

 

ボールをまだコントロールできない選手達にボールの持ち方を教える際、

 

アウトのターンができるようにするところから始めるが、

 

これは「自分の意志でボールをコントロールする」

 

という感覚を覚えてもらう為でもある。

 

アウトのターンがどんな状況でも出来る選手は、

 

「ボールの置き場所」や「ステップ」を頭で考え「気を付ける」ようになってくるので、徐々に「ボールの持ち方が」良くなってくる。

 

「脳」「体」「技術」「感覚」全ては繋がっている。

 

本当にしっかりとした信念や意識がなければ、いまの日本の育成年代の環境で「良いボールの持ち方を身に付ける」というのは簡単ではない。

 

自分が本当に意識的にボールをコントロール出来ているのか考えてみよう。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

先日、仲間の指導者とメンバーのドリブルしている後ろ姿を見て「綺麗なドリブル姿になりましたね~!!」と話していました。

間違いなく、アウトターンを意識すると、いい持ち方・いい姿勢になります。

そうなれば、自然とまわりを見れる選手ボールを持てる選手となるでしょう。

これからが楽しみです♪

関連記事↓ ↓

http://mhy4591.hatenadiary.jp/entry/2014/05/05/195015

http://mhy4591.hatenadiary.jp/entry/2014/04/17/234740

 

広告を非表示にする