檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

心に響く『魔法の言葉(名言)』集

「いつ勝ちたいんや」

 

「いまでしょう?」

 

そう言われる方に流されずに…

 

先を… 先を見据えることこそが…

 

一番怖いことは… 結果に左右されて、「こだわり」がぶれるということ。

 

完成するには… 一人ひとりの感性も不可欠ということも…

 

「個の育成」  いろんなアプローチがあって良い。

 

ある方からの… ご指摘から…

 

速い選手が沢山いて、迷わずパスを出せる選手が沢山いて。

 

その一連の流れの中、相手の状況に応じて、幾つのイメージから選択したのか?

 

気になるんだけどなぁ~。

 

1つの選択肢であっても、キックの質まで試してみるとか、いろいろあると思うんだけど?

 

キックの種類が1つで。選択肢が1つで。

 

判断を変えられないプレーで、たまたま身体能力が上回っているというマッチング。

 

○○○○って普通の『試し合い』なのかなぁ?

 

感性とか?

 

発想とか?

 

選択肢の多さとか?

 

ボールを置きにいく感覚とか?

 

キックの質や種類とか?

 

度肝を抜くドリブルとか?

 

パスワークでもいいや!

 

動きだしとか?

 

情報の取り方とか?

 

視野の広さとか?

 

ここからも…

 

指導者としての…

 

ストイックさのことが…

 

大人側のひきだし!

 

大人側のひきだしは幾つくらいあるのだろう?

 

自チームでも選抜でもトレセンでも構わない。

 

小さな集団でも、大きな集団でも構わない。

 

自分にどれだけのひきだしがあって、自分がどれだけの新しい学びを求めて、

 

選手の奥底にある意識や感性に刺激を与えることが出来たのだろう?

 

土曜日の朝と日曜日の夕方で、選手ではなく、大人側は何が変わったのだろう?

 

自分自身に学ぶ姿勢がなくて、選手に伝えることはできないはずだ。

 

大人が飢えてない!飢えてないから、選手の心に響かない。

 

心に魂がなければ、言葉に重みが加わらない。

 

技術論や方法論の表面の部分を知り、

 

あたかも分かったような大人には、進化し続けて行くサッカーという競技には向かない気がする。

 

学ぶ姿勢が無い若い指導者の口癖は、相手の否定が多い。

 

それもサッカーだという尊重があっての相違の提示でなければ、最終的に苦しむのは選手になる。

 

大人側の感性が厳しいから、数年先の選手のイメージを持つことが出来ないのだろう。

 

自分が携わった選手を数年追ってみたら良い。

 

どんなにボールが上手に扱えても、ピッチで表現できなければ、その選手の活躍の場は無い。

 

選手で活躍出来なくても、大人になって、技術をつけてて良かった!

 

そんな感覚があるならば、競技スポーツではなく、レクリエーションスポーツのジャンルを創設すれば良い。

 

少なくとも私達が携わっているのは「やるか」「やられるか」の競技スポーツなはずだ。

 

【いつ勝ちたいんや】という有り難い言葉の裏には、

 

【今は仕方が無い】という意味は入っていないはず。

 

選手がピッチで自由にチャレンジできるよう、大人側はタヌキで構わないと思う。

 

しかし、細かいことを見逃さない「拘り」を持っていなければ、それなりの選手にしかならないと思う。

 

自チームのスタッフなら当然諦めることはない。

 

そうでなければ、「もういいか」と感じてしまう。

 

大人同士の付き合いじゃない。選手という生ものに携わっている。

 

あたかも自分が出来ているような錯覚を捨てなければ、生ものは腐る。

 

少しかじって理解出来るほど浅いものじゃない。

 

1つの事だけにのめり込むと危険だと思う。

 

バランスのあるのめり込みでなければ、後から苦労するのは選手だということ?

 

真剣に聞き、真剣に感じることの大切さは…

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

選手も、指導者も努力です。

 

自分の為に!選手の為に!!