檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

メッシのようなドリブルをするには

~共感ブログより~

 

メッシは必ず左足にボールを置き、左足から仕掛けドリブルすることがわかっていながら、なぜ相手ディフェンスは抜かれるのでしょう…

それは左足を中心とした正確なボールコントロール、左足でボールを持てる感覚、左足でボールを持つ技術を小さい頃から磨いてきたからです。

その中で、自分の一番得意な形の左足で蹴るために、相手を抜いて行くための感覚、間、タイミングを身につけてきたからです。

だからこそ、しっかりと利き足のボールコントロール技術を磨き、利き足でボールを持ち、ボールを持てる感覚を磨き、ボールを持てる技術を身につけることが必要です。

さらに、一対一では利き足側に抜いて行けるように、あえて、利き足側に抜いて行くようにチャレンジすることです。

利き足側に抜いて行ける技術とは、利き足でボールを持てる技術、しっかりとブレずに利き足にボールを置ける技術があってこそです。

その技術が、間やタイミング、バランスを作り、相手との距離感、隙を感じることが出来て、わずかなフェイク、フェイントも効果的になるのです。

その感覚と技術を身につけるために、利き足でボールを持ち、利き足にボールを置き、「利き足側に抜いて行く」意識を持って、繰り返しチャレンジすることです。

その中で、うまくいった時、失敗した時をしっかりと分析して、「ボール技術向上と共に」、相手との距離感、間やタイミング、バランスの感覚などを感じる習慣を身につけることが必要です。

 

~メンバーのみんな~

メッシ、イニエスタのプレーも観て下さい。 

バルサメンバーは、パスだけ違いますよ~!!

ドリブルも凄いです!!

http://www.youtube.com/watch?v=kNDuLRPQWJs&feature=player_embedded