檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

バランス感覚と判断力を伸ばす効果的トレーニング

バランス感覚と判断力を伸ばすトレーニング例

 

3人並んでボール避けゲーム

 

f:id:mhy4591:20140116172154j:plain

■行い方

ひとつのサークルで、円の中に子ども、円の外にコーチを配置。外のコーチは各ボールを持ち、コーチたちでパスを回す。中にいる子どもは3人ずつ縦列になって(両肩に手をつき)、四方からくるボールを避ける。ボールに当たらないよう子どもたちは縦列を崩さず交わしていく。

■ポイント

コーチはなるべくグランダーのボールを出し、中にいる子どもたちがひとりの状態やふたりペアで手をつないだ状態から行うのもひとつ。

 

ペア足踏み対決

 

f:id:mhy4591:20140116172234j:plain

 

■行い方

2人1組で向かい合って手をずっとつないだ状態での、相手の足を踏むゲーム。相手がどちらかの足を踏もうとしてきたらうまく避ける。2回踏むと勝ちになる。

 

■ポイント

相手との駆け引きや判断力が養われる。必ず手を離さないように子どもたちに声をかける。

 

片足立ちからのしゃがみ遊び

 

f:id:mhy4591:20140116172326j:plain

 

■行い方

2人が向かい合って手をずっとつないだ状態から片足立ちで同時に呼吸をあわせてしゃがんでいく。必ず片足立ちでしゃがむようにする。

 

■ポイント

片足立ちはバランス感覚を養うのにもってこいのメニュー。相手がやっていることと鏡のように、行動する。

 

ペア両足じゃんけんゲーム

f:id:mhy4591:20140116172421j:plain

f:id:mhy4591:20140116172538j:plain

 

■行い方

対面パスができるくらい距離を置いて向かい合い、足で表すじゃんけんをする。パーは足を開いて、チョキは足を前後に、グーは足を閉じた状態にする。掛け声で一度ジャンプをして着地したときが勝負。じゃんけんに勝ったほうは相手の周囲を回って帰ってくる。あいこの場合は2人とも相手の位置まで走って相手がいたところを回って自分の位置に戻る。

 

■ポイント

相手とのタイミングを合わせることが大事。じゃんけんが決したあとはすばやく判断して行動する

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やってますが、かなり盛り上がります!!

特に、足踏みゲームは(笑い)

 

参考まで。