檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

即効性のある練習方法

 

f:id:mhy4591:20131223204632j:plain

ネイマールの様に、手を広げてキープ)

 

ボールを持てるようになるための即効性のある練習方法は、一対一でのキープ練習、または、一対一でのドリブル練習です。

 

一対一でのキープでは、単純にお互いボールを奪い合います。

 

キープするときは、必ず利き足の前にボールを置くこと、相手とボールの間に身体を入れて、重心を低くして、手を広げて手で敵をブロックすることを覚えると、試合では効果的に使えるでしょう。

 

また、一対一でのドリブル練習では、利き足のドリブルから仕掛け必ず利き足側に抜いて行こうと意識して練習することです。

 

あえて抜く方向を利き足側に限定することで、ボールの持ち方、ボールの置き場所、相手との間合いや距離感、タイミングや間の取り方などの感覚を覚えやすいです

 

この二つの練習を意識を持って取り組むことで、効果的なボールの持ち方に繋がります。

 

もちろん、さらにレベルアップを考えれば正確なボール技術無しには考えられませんし、トレーニングの継続も重要です。

 

これだけやっていればいいという練習はありませんが、何事も目的意識を持って取り組めば、効果は倍増します