檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

正しく ボールを蹴る為に

~共感ブログより~

 

ボールに当てる親指の付け根の骨の部分(インフロント)をしっかりと意識します。

次に、ボールを上から下に叩くイメージでボールの下の部分をミートします。

蹴る瞬間、立ち足の膝を曲げて、重心を低くして、ボールをミートします。

蹴った後、足は上がりません。

蹴った後、足が振り上がってしまうと、ボールがカーブ回転してしまいます。

そうならないように、上から下にボールを叩くイメージで、ボールの下を親指の付け根の骨の部分で、ミートしてください。

大切なポイント…
足の当てる部分(親指の付け根の骨の部分)を把握する。


ボールの下を、上から下に叩くようにイメージする。

蹴った後の足が振り上がってないか気を付ける。

ボールがキレイにバックスピンしているか見極める。

・・・ 注意・・・
飛距離は関係ありません。
遠くに飛ばそうとしてフォームがブレては意味がありませんから。
大切なことは、良いフォームを覚えることです。

飛距離は単純に筋力ですから、育成年代では、正しいキックのフォームを覚え、正確なコントロールを身につけることが最も重要です。

遠くにボールを飛ばせることや強いキックが出来ることが正しいことではありません。

メンバーの皆、頑張っていきましょう!!!