檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

やってみよう!! 一人で出来るトラップ練習

共感ブログより

 

一人で出来るトラップ練習で、効果的なトラップ練習は、ボールを真上に高く蹴り上げて、落ちて来たボールをトラップすることです。

トラップの感覚で大切なことは、目の感覚です。

二人組でロングボールのトラップを受ける時も、距離が長ければ長いほど、ボールを捕らえる感覚は難しくなります。

それは、目が前後の動きと上下の動きに弱いからです。

例えば、ゴールキーパーが力いっぱい真上に蹴って、それを正確にトラップすることはなかなか難しいです。

それよりグラウンダーの強いボールの方が簡単に感じますよね。

それは距離が長ければ長いほど、高ければ高いほど、距離感、高さ、ボールスピード、落下地点を瞬時に見極めることが難しいからです。

よって、一人で練習する場合、真上に高く蹴り上げて、利き足の指でトラップする、または、リフティングを続けるなどのトレーニングは非常に効果的です。

目の感覚を鍛えることがトラップの感覚を上げることに繋がるわけですから、壁に当ててトラップしたりしなくても大丈夫です。

また、真上から来るボールに対しては、インステップというより、指の部分でタッチした方が良いです。

この練習では、インサイドやアウトは使いませんが、普段からドリブルやリフティングなど、または、蹴る時にインサイドやアウトサイドなどで、その部分のボールタッチ感覚は養われていますから、真上に高く蹴り上げてのトラップ練習で、ボールに対しての目の感覚、反応が養われますから、他のトラップの感覚にも繋がります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブラジル代表選手もよく この練習をしていたそうです。

こつこつトライしてみてください♪