檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

一対一で勝つために(守備)

共感ブログより

 

一対一の守備が上手くなることと、ボールコントロール技術は関係しています。

 

ボールを扱える選手は、ボールの奪い方もまた上手いです。

 

ボールを扱えるからこそ、ボールが相手にあっても、そのボールを自分のものにする術をボールコントロールと共に自然に学んでいるからです。

 

さらに、利き足の技術があることで、立ち足の軸がしっかり出来て、反応、反転、ディフェンスの軸にも繋がっています。

 

一対一の守備で気をつけることは…

 

先ず…

「絶対に抜かれない」という強い意識を持つことです。

 

ボールを奪う意識が先にあると、ただ足を出すだけだったり、無防備にボールを取りに行くことにも繋がり、簡単に抜かれたり、かわされたりしてしまいます。

 

抜かれないためには、相手にしっかりと、ついて行くことです。

 

相手のスピードに応じて距離感を保ち、しっかりボールを見て、ついて行きます。

 

次に、相手のボールを利き足で取りに行く意識が大切です。

 

最終的には、どちらの足でボールを奪っても良いのですが、利き足でボールを取りに行く意識によって、立ち足が軸となって、反応、反転が早くなります。

 

スライディングも、利き足でボールを取りに行くことです。

 

利き足でボールを取りに行くスライディングがしっかり出来ていれば、スライディングによるケガも防ぐことが出来ます。

 

 利き足のボール技術の軸、立ち足と体幹の軸が出来ることで、攻撃にも、守備にも大きく活かされます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~