檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

ボールを扱える技術

共感ブログより。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

目の前にあるボールを最低限正確に扱える技術は、絶対に必要です。

そのために、利き足のインステップ、アウト、イン、腿、胸、頭のリフティングは絶対に必要です。

たくさんボールを触る為に、数字の設定は絶対に必要です。

最終的には、数字を超えた中で、ボールと身体の一体感です。

両足のリフティングは全く重要ではありません。寧ろ、いきなり両足リフティングをやってはサッカーの技術には繋がりません。
いきなり両足ということは、ボールコントロールがアバウトでもそれをごまかすことが出来てしまいます。

利き足のミスを逆足で補うことは、一番簡単な方法であり、ボールコントロールの妥協です。

利き足のミスをステップして利き足でボールコントロールし直すことに、自分の中のボール感覚を上げる効果があるんです。

両足のリフティングほど、ボールコントロールをごまかすリフティングはありません。

ちゃんと、利き足でリフティング出来れば、両足リフティングは一番簡単です。

両足リフティングしかやってなければ、利き足でのリフティングはしっかり出来ません。

それは、両足リフティングからは、立ち足の軸もステップも、サッカーに必要な体幹もブレブレだからです。

利き手以上に利き足が自由にコントロール出来る、利き足でボールコントロール出来ることが最も重要です。

なぜ、こんなにもしつこく利き足のボールコントロールのことを言うかというと、ボールコントロールは自分次第でいくらでもごまかせるからです。

世界のトッププレイヤー達の育成年代の頃のように、自然に利き足でボールを触り、自然に利き足でのボールコントロールを覚え、自然に利き足のポイントの基礎、軸、ステップ、体幹を身につけるには、日本と強豪国は違い過ぎるからです。

だから、意識するんです、意識させるんです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

我サッカーチームのリフティングプログラムも、マイナーチェンジする時期にきましたね。