檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

利き足の短所

共感ブログより

 

「利き足のポイント」と言っても、ただ利き足でボールを触ってれば、利き足のポイントを持つことは出来ない。

 

ボールの持ち方についても、ボールの置き方についても、簡単に出来ることではなく、正しいトレーニングを積まなければ身につかない。

 

利き足のポイントを持てるように、一つずつ基礎技術のトレーニングを重ね、段階を経て、近付けるようにしていかなきゃいけない。

 

利き足だけで触ってる中に、一人一人の長所も短所も見え隠れするので、その中で、個性を見極め、能力を最大限に伸ばす指導をしなければいけない。

 

そして、利き足のポイントとは、利き足に短所があってはいけない。

 

単純に、利き足自体が長所には違いないんだけど、実は、利き足のボール扱いやボールの置き方、ボールの持ち方の中に、各個人に長所と短所が存在する。

利き足の中にある短所を克服しないと利き足のポイントを持つことは不可能。

 

例えば、リフティングで、利き足のインステップ、腿、アウト、イン、胸、頭というリフティングメニューがあるんだけど、アウトとインなら、始めはインの方が得意でアウトが苦手という人が多い。

 

なぜ、アウトが先でインが後の順番かというと、インの方が簡単で、インだと身体が開きやすく、

ボールを取られやすいフォームになりやすい。

 

だから、アウトから先にやる必要がある。

 

両足で適当にボールを触るのは一番楽なことで、利き足のインのリフティングもアウトより楽だと感じる人が多い。

 

楽なフォームは、あくまでも、敵のいない中での楽なフォームでしかない。それは、敵が来たときに楽にボールキープ出来ることとは違う。

 

始めから、逆足は短所ではなく、単純に利き足と逆足は別個体として存在するだけで、むしろ、利き足側にこそ本当の長所と短所が存在する。

 

だからこそ、利き足の短所は徹底して直す必要がある。

 

利き足でボールを持っていても、悪いボールの持ち方になっている子供達や選手達が多いから。

 

短所の修正は、その意味がわかる人に見てもらうことがベストなんだけど、そんなに簡単なことじゃない。

 

とにかく、利き足のポイントという観点から、しっかり基礎技術を覚えていくしかない。基礎技術で出来ないことや、不得意なことがあってはいけないから。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

短所の修正を見抜く為にも、日々勉強です!!

 

 

 

広告を非表示にする