檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

動くことを習慣にしよう。

ある記事より~

 

動くことを習慣にしよう。
最大の努力をしているか問いかけて

世界のトレンドとして、現代のサッカーはいかに走れるか、豊富な運動量があるかが、選手の価値を計る大きな物差しになっています。要するに、走れない選手はなかなか使ってもらえません。

 

そのことを鑑みたとき、ジュニアでやっておくべきことは「動く」習慣をつけることです。

 

ボールが動くたびに自分のポジションを変える。

 

ボールのないところでも常に動きながらプレーする。

 

パス&ゴー。パスをしたら必ず走る習慣をつける。

 

そのようなことはジュニアの時代から非常に重要です。

 

前フランス国立サッカーアカデミー校長でJFAアカデミー・テクニカルアドバイザーを務めたクロード・デュソー氏は、「育成はしつけだ」と話しています。

要するに、よい習慣をつけることがジュニア期に大切だということです。

であれば、小さいときから走ることを習慣づけたいものです。

走りながらボールを受けることは当たり前にならなくてはいけません。

ただし、ここでいう「走力」は「持久力」ではありません。

「動き回る」という習慣をつけることです。

できればアドバイスは親ではなく、教えてもらっているコーチにしてもらうほうがいいでしょう。

親がするとしたら、問いかけることです。

「ボールを取らないと攻撃もできないね。でも、君が最大の努力をしているようには見えないよ。ボールを取り返そうとしてる?」そのように話してみてください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

基礎の徹底!!純粋なうちに、みっちり教える!!ですよね~

コーチも、シッカリ勉強を(笑)