檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

正しく長所を伸ばす為に

共感グログより。

 

誰もが持つ1番の長所を伸ばす為に、利き足でボールを触り、利き足のボールコントロールは最も重要です。

 

利き足の小指のドリブル、アウトのターンは最初に身につける必要がある「良い癖」です。

(ここで、両足でのボールタッチ、両足でのドリブルの癖を覚えたら、後々の、身体の開き、フォームの悪さ、将来的にしっかりとボールを持てる良いスタイルには繋がりません。)

 

そのためにも、より良い効果的方法で効率良くトレーニングする必要があります。

 

インで回る、インのターン、足の裏のターンは必要ないです。

(放っておいても出来ますから)

 

1.利き足の小指のドリブル、アウトのターン

 

ドリブルの基礎中の基礎です。

 

 2.利き足の小指と親指の交互のボールタッチのドリブル&ステップ、そして、アウトのターン

 

利き足で最もボールタッチする小指と親指の感覚アップと、ステップを覚えるため、軸足を中心としたステップが鍛えられます。

 

ターンは必ずアウトでやることで足からボールが離れなくなりますから、ボールを取られないコツを覚えるためにも必ずアウトのターンは必須です。

 

マーカーを使ったドリブルでも、しっかりと利き足でドリブルすることが最も重要です。

 

マーカーのドリブルや、フリードリブルは、両足でやった方が簡単ですが、簡単ということは試合では活かされない、将来に活きてこないということです。

 

正しくトレーニングしなければ、良い感覚は身につきませんから、楽な方法ではなく、しっかりと意味あるトレーニングが必要です。

 

このように単純なトレーニングでも、やり方次第では、良くも悪くもなりますから、利き足の小指と親指のボールタッチ、ステップをしっかりとやる必要があります。ドリブルは、利き足でボールを持ち、前後左右、360度動けるように。

 

自由自在にドリブルして、利き足の小指、親指、足の裏を使い、ボールタッチし、慣れてきたら、ボールを見ないでドリブルしてください。

 

ボールタッチは細かくではなく、ワンタッチワンタッチを感じ、ボールを自分のものに出来る場所に置けているかを確認することが大切です。

 

ドリブルと並行して、リフティングをやることで、さらに効果は上がります。

 

利き足のインステップを、いつでも落とさないで出来るように、徹底してやることが大切です。

 

利き足のリフティングは、立ち足がブレなくなり、ステップも覚えられ、ドリブルにも効果的に繋がっています。

 

利き足の小指のドリブル&アウトのターン…「徹底」してやってみてください。

 

必ず良いドリブルに繋がります。

 

インステップを落とさないで出来るようになれば、腿、アウト、イン、胸、頭と、いろんな所を使っても落とさないように、利き足のインステップを中心にやってください。

 

チョンチョンリフティングもまた重要です。

 

立ち足がさらにブレなくなり、安定したドリブル、トラップ、キックに繋がります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

こつこつ行きましょう!!!

メンバー皆のレベルアップのために!!