檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

仕掛ける強さ

共感記事より。

 

パスから教えられた子はドリブルは出来ないけど、ドリブルから教えられた子は、パスは出来る。 

 

だからこそ、正しいドリブルを覚える必要がある。

 

チャンピオンズリーグ準決勝を見ても、メッシ、C・ロナウド、ロッペン、リベリなど、世界のトッププレイヤーは必ず、利き足にボールを置いて、そこから仕掛ける。

 

「利き足にボールを置く、利き足でボールを持つ」

 

単純に聞こえることだけど、簡単に出来る技術じゃない。

 

このベースがあってこそ、仕掛けられる。

 

フェイント、動き方、身体の向き、そんなことの前に、正しい基礎技術を知らなければ、正しい基礎技術が出来なければ、彼らの技術に近付くことは出来ない。

 

本物には、本物のベースがある。

 

あのレベルのベースを見たとき、そのベースの奥の深さを思い知らされる。

 

「仕掛ける強さ」を知ろうとチャレンジしたときにだけ、自分のサッカーが見えてくる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

基本を~こつこつ、頑張っていきましょう!!

 

広告を非表示にする