檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

改めて、アカデミーに入りたての親が気をつけてあげるだけで上手くなる事。

子供達は無意識に両足でボールを触っています。

普段から利き足じゃないほうで触ったよって、言ってあげて下さい。

 

アカデミーで、せっかく良くなっても

無意識に触る癖がある選手は、伸び悩みます。

 

それは、そのような指導を受けてきたからであって、世界のトッププレイヤー達の感覚とは違います。

意識的に両足でボールを触らされてきた者と、自然に利き足で触ってきた者との違いです。

その違いが将来どのような形となるかは、ボールの持ち方、フォーム、スタイルを見れば一目瞭然です。

身体の開き、軸のブレ…

無意識の中にこそ、気をつけなければならないことが数多く存在しています。 

f:id:mhy4591:20170731003629j:plain

改めて、良い選手の絶対条件

質問:どうして利き足だけで練習するんですか?

 

誰だって始めは利き足でボールを触ろう、持とうとしますが、技術がままならないうちは、相手のプレッシャーに負けて逆足側にボールは運ばれていきます。

 

これは世界各国共通していて、ボールを持てない選手とはそういうもので、インで切り返す、利き足のインから逆足側にボールが運ばれる、といった場面がかなりあります。

 

ボールを持てない選手は必ず逆足側にボールを持っていく癖があります。

 

そうなった場合、日本では始めから両足論ありきですから逆足で蹴れということになるのです。

 

そういう選手には、逆足を使わせたり、ダブルタッチをさせることの方がいいと考える人達の方が多いです。

 

それでは、

その選手は一生良いボールの持ち方にはなりません。

 

身体は開き、ボールの持ち方は悪く、ボールの置き所は絶対に安定しません。

 

良い選手の絶対条件として、利き足でしっかりボールを持てることです。

 

そういう選手は利き足から仕掛け、利き足側にボールを運べます。

そういったことが自然に出来ないといけません。

 

そのためには、大人が目先の結果にこだわらず、良いボールの持ち方をしているか、良いボールの持ち方になるための正しいプロセスを歩んでいるかが見極められなければなりません。

f:id:mhy4591:20170731003743j:plain

 

ホント暑い!!

ホント暑い日が続きます!

あの手この手で意識して貰い、ラストは大人も一緒にゲームで閉めました。

この季節なかなか集中を持続させるのは大変ですが、やり切り続けないと成長には繋がりません。

短時間でも、シッカリ集中してやり切る!

頑張って欲しいと思います。

f:id:mhy4591:20170730162707j:image

f:id:mhy4591:20170730162728j:image

f:id:mhy4591:20170730162739j:image

広告を非表示にする

トコトン出来るまで

1年生のダイスケ、ドリブルが良くなかったのでトコトンドリブル練習をやってもらいました!

1時間トコトン、ひたすらです!

吸収の早い低学年は、やれば直ぐに良くなりますが、間違えた事を考えられると、あっと言う間に悪くなります。

正しい事を伝え続けていきたいと思います!

f:id:mhy4591:20170729180754j:image

f:id:mhy4591:20170729180813j:image

f:id:mhy4591:20170729180823j:image

勘違いしてはダメ

幼稚園児より、小学低学年。

小学生低学年より、小学生高学年。

小学生高学年より、中学生。

中学生より、高校生。

高校生より、大学生と年齢が上がれば、ドンドン体が動く様になってきます。

体が動く様になった(運動能力が上がる)からと言って、サッカーが上手くなる訳ではありません。

低年齢の時から、シッカリとボールを持つ感覚を付けボールを取られない感覚を付けていかないとダメです。

そのベースを作り、学年が上がるに連れて自由に体が動かせる様になって行くから良くなってきます。(勿論、更にシッカリとトレーニングをして行かないとダメです。)

 

プロを目指す為の基礎技術を付ける為には、シッカリトレーニングをして中学3年位はかかると何度も聞いています。

選手の未来が見れたら分かり易いですが(笑)タイムマシーンがある訳でもないのでわからないです。

後は、

シッカリとプロに教えて頂き日々努力して行きましょう!

信じてシッカリトレーニングをやって行けるかにあると思います。

今やってるトレーニングで悪くなる要素は1つもありません。

間違いありません!

広告を非表示にする

コツコツいきましょう!

なかなか記録が出ない、なかなか上手くいかない、いろいろ悩む事は多いかも知れません。

前を向いてコツコツ頑張り、やり続けるしか方法はないんです。

神戸アカデミーに来てくれる以上、私もトコトン選手達のお手伝いが出来ればと思います。

頑張り続け、壁を乗り越えれる選手になって欲しいと思います!

いろいろやってみよう

昨日は、参加メンバー全員でのドリブルトレーニングとボール出しトレーニング、狭いスペースでのリフティングトレーニング。

動きながらのall50をやって貰ってから、

各メンバーの出来てない事をシッカリとやって貰いました。

幼稚園年中さんも、中学生も出来ない事をトコトンやらないと絶対にダメです。

これだけやればOKと言う課題は無いので、いろんなトレーニングをコツコツと頑張ってください。

やり切れば、必ず良くなります。

f:id:mhy4591:20170727055755j:image

f:id:mhy4591:20170727055831j:image

f:id:mhy4591:20170727060428j:image

 

動きながらのall50

昨日の、コートの縦を使い

インステップ1往復、腿1往復、アウト1往復、イン1往復、胸1往復、頭1往復、チョンチョン1往復を1セットとし、4セット頑張って貰いました。

インステップ1000回未達成者は、ずっとインステップでの往復でした。

動きながらのボールコントロールは、重要です!

今日も、シッカリと落とさないで頑張っていきましょう!

 

f:id:mhy4591:20170726061630j:image

f:id:mhy4591:20170726061645j:image

f:id:mhy4591:20170726061824j:image

f:id:mhy4591:20170726061742j:image

f:id:mhy4591:20170726061801j:image

檜垣裕志神戸サッカーアカデミースケジュールブログ更新しました。

8月のスケジュールを更新致しました。

体験、参加等御座いましたら問い合わせください。

mhy4591.hatenadiary.com

復習だけではダメ

アカデミーでのレッスン会でも、レッスン終了後、各選手に課題が出ます。

その課題を一生懸命クリアするのはいいのですが、その課題ばかりをやるのは大変危険です。

 

例えば、テニスボールリフティング1000回が課題だとします。

その課題をクリアする為に頑張るのはいいのですが、課題だけやって他のトレーニングはやらない!となれば

感覚を上げる為の課題の筈が、リフティング1000回やる為の、課題の為の課題、リフティングの為のリフティングとなってしまいます。

 

全てのトレーニングは繋がりがあり、これだけやればOK!ってものは存在しません。

ドリブルトレーニングもやる!リフティングトレーニングもやる!

記録を出す、更新し続ける事は重要ですが、記録更新するまでのやり方、プロセスがかなり重要だと思います。

 

記録(回数)は、あくまでも目安で、ここまでやり切ったからOK!なんて事はないです。

サッカーをやり続ける以上、課題は永遠に続いていきます。

 

 

 

 

広告を非表示にする

亀田興毅さんも

インターネットテレビ亀田興毅さんが3ヶ月でプロボクサーにすると言う企画をやっていました。

その中で、檜垣コーチが神戸に来て頂いた時に車の中で話して頂いた事と同じ事を話していました。

 

亀田さんが言ってた内容は

プロからそのスポーツの技術を感じろ!

基礎がめちゃくちゃ大切!

軸を鍛える!

言われた事を、必ずやり切れ!

言った事は毎日その動きをやり、ヘタクソでも毎日その動きをやり切れ!

1日でも休んだらダメ!動きを忘れてしまうから。と話してました。

もちろんその企画にチャレンジしてる選手は、亀田興毅さんの言う事を全て聞き入れブレる事無くやっていました。 

 

今、教えて頂いてる事に繋がりがあります。

どの分野でも、プロは凄いんです!

ちゃんとやってれば、下手になる事なんであり得ません!

間違いありません!ちゃんとやっていきましょう!

f:id:mhy4591:20170723215233p:image

f:id:mhy4591:20170723215251p:image

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

深く持つ、深くターン

深く持って、深くターンをする。

良いボールの持ち方に繋がります。

一つ一つ言われてる事をシッカリと理解しちゃんとやっていかないとダメです。

特に、高学年は出来ないといけません。

トレーニングは全て繋がったいます。

今日もシッカリ集中してトレーニングしていきましょう!

f:id:mhy4591:20170723074512j:image

f:id:mhy4591:20170723074151j:image

f:id:mhy4591:20170723074233j:image

f:id:mhy4591:20170723074305j:image

核心を突くレッスン会

どうすれば上手くなるのか、どうすれば成長するのか核心を突くトレーニングとなりました。

f:id:mhy4591:20170722230023j:image

練習の為の練習になってはいけない。

リフティングトレーニングの為の練習になってはいけない。

f:id:mhy4591:20170722230223j:image

f:id:mhy4591:20170722230249j:image

f:id:mhy4591:20170722230344j:image

f:id:mhy4591:20170722230449j:image

シッカリと意識出来るのか?何の為のトレーニングなのか?

f:id:mhy4591:20170722230735j:image

メニューをやるだけではダメです。

f:id:mhy4591:20170722230952j:image

f:id:mhy4591:20170722231018j:image

f:id:mhy4591:20170722231057j:image

f:id:mhy4591:20170722231143j:image

f:id:mhy4591:20170722231205j:image

幼稚園年中ヒュウガもなかなかやります!

↓    ↓     ↓

f:id:mhy4591:20170722231228j:image 

f:id:mhy4591:20170722231243j:image

f:id:mhy4591:20170722231432j:image

無意識でボールを触ってはいけない!

何も考えないでボールを触ってはいけない!

今回言われた課題は、今までで一番重要な課題です!!!

シッカリと意識していきましょう!!!

やるしかありません。

 

 

1+1+1+1+1+1+・・・=∞(無限大)

一つ一つの積み重ねが大きな可能性に繋がります。

プロが数十年掛けて経験してきた事を一つ一つ教えて頂きそれを自分のものにする。

簡単な事では無いと思いますが、チャレンジし続けないといけません。

やって、やって、やり切って頑張っていきましょう!

やり切れば絶対良くなります。

今日も、シッカリ集中して沢山の事を吸収していきましょう!

 

見極めるのは難しい

f:id:mhy4591:20170708200104j:plain

ホントに成長しているのか、ホントにいい方向に進んでるのかを見極める事は、

ホント難しい事です。

檜垣コーチレッスン会でも、「ここ分かりますか?」とか「ここなんですよ」など

良くする為に何をしないといけないか、修正する為に何をやらないとダメなのか、などなど、いろいろ教えて頂きます。「なるほど~!!」となるのですが、

そこを見抜き、修正していく。

いゃ〜ホント難しいです!

素人には無理だ〜(笑)と素直に毎回感じてしまいます。

毎回脱帽です!!

アカデミーメンバーと共に成長して行かないと!!

明日のレッスン会も楽しみです!!!