読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

檜垣裕志神戸サッカーアカデミーブログ / ポッパーマン サッカーブログ

神戸市にて、檜垣コーチ・毛塚コーチに教えて頂き「利き足のポイント」を意識しブレル事無く活動しています。人数に限りはありますが、一緒に練習希望されたい方は、ご連絡ください。現在、幼稚園年中~中学3年生まで参加して頂き活動しています。一緒に、技術アップの為練習しませんか?参加ご希望の方は、kikiashi1970@gmail.com まで

深く、深く、深く

~檜垣コーチブログより~

 

誰でもサッカーは出来るし、楽しいけど、上手くなるって簡単じゃないです。
楽をして上手くなりたいは存在しません。
だからといって、がむしゃらにやれば良いわけではなく、正しい方法でやらねばなりません。


正しい方法をしっかり意識してやることです。


今までのやり方がどうとか、教わってきたやり方や考え方が違うとか、そういうことではないんです。


そこに素直な心がなければ絶対に上手くなれません。


それが先日のリトバルスキーが日本代表の香川選手について語った言葉です。
「香川は100%、右足が利き足の選手だ」
この言葉の意味をどれだけの日本の指導者や大人が理解したかどうか。
ほとんどがわかってないでしょう。
ある意味、リトバルスキーは日本の育成指導について提言してることと同じです。
香川選手は才能があったからプロになれたんです。
才能ある人間は良いものも悪いものも取り入れてしまいます。
プロの世界では、その才能が相手より勝れば両足理論とか利き足理論とか関係ないです。
日本のやり方の中で才能がありプロになった、それって、自分の持っている能力を最大限に活かしているとは限りません。
だから、リトバルスキーは言ってるんです。
これって全ての人達に当てはまることで、自分の能力を最大限に発揮するためのことをやれているかどうかですから。


満足、妥協、迷い、頑固…


自分を伸ばすことが出来ない人には必ず問題点があります。


 「利き足のポイント」と僕が言ったところで、素直な心がある人とない人では全く違います。


そういう考えもあるんだ、でも自分はこうだ、じゃないです。


先ず素直にやることです。


大人になるにつれていろんなことが邪魔をします。
その大人がサッカーに関わり、子供達を育成するんですから、子供達がどうなっていくかを考えねばなりません。


大分県でも、どこでも、子供達や人に変わりはありません。
本当は誰でももっともっと上手くなれるんです。
あとは、それを今日からまた意識して継続してやれるかが一番重要です。
また、当然ながら

一番関わりの長い選手達が一番上手かったです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

檜垣コーチの このブログで、上手くなる方法のキーワードがたくさん出てきます。

 

私自信持論を捨て、素直に正しい方法をシッカリ学び、意識し、1mmもブレる事無く選手に伝え、檜垣コーチに1番関わりのある環境を作る!!

 

これでしょう!!!

 

だから、

アカデミーでちゃんとやってるメンバーは成長しています!!

 

私は、プロでもなんでもない、ただのド素人です(笑)

私が上手くするなんて無理です。

 

ですが、良い環境は出来つつあります!!!

環境が選手を育てます。

全て環境です!!

関西で檜垣コーチに1番関わりのある環境を作る!!

 

間違いなく上手くなりますよ。

 

今を変えないと、未来は

今を変えないと、未来は変わらないと思います。

同じ事をやってても、何にも変わる事はないです。

より良いものに変えて行き、それに向かって頑張る!

そうすれば、絶対に良くなります。

私自身も、準備着々と進めて行きます。


少しでも、上手くなる為に

どうすれば、サッカーが上手くなるか。


1つの方法として、良い環境を大人が作ると言う事です。

特に、その環境が良くも悪くも年齢が低ければ低い程 又 運動能力が高ければ高い程その環境に影響されます。


上手くなるって事は、なかなか難しいですが探せば必ずあります!




3/19、3/20檜垣コーチレッスン会参加の皆様

3/19、3/20檜垣コーチレッスン会参加の皆様

参加の皆様に、案内メールを送信致しました。

万が一、届いてない方がいらっしゃいましたら、

連絡の程宜しくお願い致します。

一生懸命頑張っても

今日の練習終了です!

リフティング、ドリブル、トラップ&キック

一生懸命頑張っても、ゲームに繋がらないと意味がありません。


練習の為の練習ではダメです。


何を意識して、どうやるべきなのか、常に考えて繋げて行かないと絶対ダメです。

檜垣コーチレッスン会でやった事、言われた事をシッカリと覚え、意識しボールと向き合っていきましょう!

良いサッカーを見ましょう!

世界トップ選手のボールの持ち方は、置き場所は、よく見て見ましょう!


一生懸命やってる事を無駄にしない様に!!

選手の成長を感じる

檜垣コーチと出会い、ブレずに選手達に伝え、ちゃんとコツコツやってるメンバーは、毎週会う度に成長が見られる様になって来ました。


地域で10年程サッカーを見てましたが、あの時とは比べ物にならない位の伸び方です。


最近、約2〜3年前位に私が草加校にプライベートレッスンを受けに行った時の映像を見直して見ました。

その時に檜垣コーチが仰れてた事、これは今後役立つので見ておいてください!と言われた事が今実際に直面する事となってます。


ゲームトレーニングの事もその時に話を聞いており、その時の檜垣コーチは「技術が上がれば分かる様になります。」と仰ってました。

間違いそうなってます!

しかも、技術が上がるに連れ理解度も良くなってます。

これからが、本番!!!

って思ってしまいます。


メンバーの成長かま楽しみです!!


檜垣コーチ現場指導の本質

檜垣コーチのブログより


止めた時に、ボールが本当に自分のものになっていないと、ボールの持ち方の中で、間や溜め、タイミングを保つことは出来ません。


そこをわかっていないと、ただの止め蹴るだけで、そこに対してのステップの意味、身体の開き、ボールを本当に自分のものに出来ているかの感覚がわかりません。


なんのための止めて蹴るなのか

指導者が選手をチームの駒と考えていれば、本質は絶対にわかりません。

選手自身も、ただの止めて蹴るだけであれば、サッカーに繋がる技術にはなりません。


ボール感覚というのは、ただのリフティング、ただのドリブル、ただの止めて蹴るではありません。


止めるということは、ボールを受ける前の感覚をも見ていかなければいけないですし、止めてからのボールと身体の関係をも見なければいけません。


それは、その選手自身、選手として成功するための感覚を伸ばすためにです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どうややって選手達を上手くするか、成長させるかを考えていかないといけません。
その為には、プロの指導者の力が間違いなく必要だと思います。
選手達を成長させる為の環境をどう作って行くか考えて、やり切る!
それだけです。